• 公開 2021年06月11日
  • 更新 2021年06月11日
  • アンサーID:6836

2021年6月23日(水)バージョンアップ

6月23日(水)にCAREKARTE・ちょうじゅ/クレヨンのバージョンアップを実施予定です。
バージョンアップ日程と内容につきましては、「スケジュール」および「対応内容」をご確認ください。

※【介護保険】6~9は、標準マスタバージョンアップの対応となります。
※対応内容は、予告なく変更する可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

目次

【介護保険】
1.改正版サービスコードへの対応【正式版・5月追加分反映版】
2.外泊時費用、入院時費用のみ算定時に9月30日までの上乗せ加算が自動算定されないよう対応
3.定期巡回・随時対応型の通所利用減算/小規模事業所加算算定時の計算順を修正
4.LIFE連携データ出力画面の機能強化
5.LIFE医薬品マスタの更新
6.5月28日緊急バージョンアップの影響による一部帳票の懸案に対応
7.「訪問看護指示書」の様式変更
8.LIFE関連帳票間での転記ルールの修正
9.LIFE関連帳票の修正

【医療訪問看護】
1.療養費請求書>指定訪問看護事業者氏名欄の拡張対応
2.療養費明細>負担金額「公費①」の懸案に対応

【総合支援】
1.【短期入所】提供実績記録票>サービス提供の状況欄の表示文字修正
2.入院・外泊時加算のみ算定時に9月30日までの上乗せ加算が自動算定されないよう対応
3.【相談支援】基本サービスが体制に応じて算定されない懸案に対応

 

スケジュール

データセンターをご利用中のお客様

 ■プログラムバージョンアップ:2021年6月23日(水)12:30~13:30に対応予定

 ■帳票などの見直しに伴う標準マスタバージョンアップ:
  【介護保険】
   CAREKARTE 2021年6月23日(水)より、順次対応の予定
   ちょうじゅ  2021年6月24日(木)より、順次対応の予定
  【総合支援】
   CAREKARTE/クレヨンのマスタバージョンアップは予定しておりません

クライアントサーバーをご利用中のお客様

 ■プログラムバージョンアップ:メールにてご案内予定です。日時は改めてご連絡いたします。
 ※お手数ですが、データダウンロードおよびサーバーでのバージョンアップをお願いします。

 ■帳票などの見直しに伴う標準マスタバージョンアップ:
   【介護保険】
   プログラムバージョンアップと同時対応となる予定です。

 

バージョンアップ後のバージョン

お客様の環境でシステムを再起動後、画面右上に表示されるバージョンの確認をお願いします。

CAREKARTE [Ver. 7.40.1.x]
ちょうじゅ/クレヨン [Ver. 5.79.1.x]

※対応中のためバージョンは6月8日時点で未確定です。

 

バージョンアップ時にご留意いただくこと

・プログラムバージョンアップは、運用停止を伴わないためシステムをご利用いただけます
・バージョンアップ後の再起動によって、対応内容が反映されます
・再起動時のプログラムダウンロードにおいて、セキュリティソフトやWindowsセキュリティ
 プログラム確認は許可するようにお願いします

 

対応内容

介護保険」「医療訪問看護」「総合支援」の対応内容をご確認ください。
操作などの詳細は、リンク先のFAQをご活用ください。

 

【介護保険】

1.改正版サービスコードへの対応【正式版・5月追加分反映版】

対象サービス:通所介護、通所リハ
       小規模多機能型居宅介護(短期以外)、看護小規模多機能型居宅介護(短期以外)
       介護予防小規模多機能型居宅介護(短期以外)


「通所介護等の区分支給限度基準に係る給付管理の取扱いについて」
 サービス利用者のサービス利用機会の公平性確保の観点から、給付額管理の計算に用いる単位数についての
 取扱いが示され、通所介護等の区分支給限度基準に係る給付管理の取扱いについて弊社作成の単位数マスタ
 にて対応しておりましたが、国保中央会より「令和3年4月介護報酬改定 5月追加対応版」が提供されました
 ので追加対応します。

 

対象サービス:介護予防通所リハ

「(旧)生活行為向上リハビリテーション実施加算の経過措置終了について」
 (旧)生活行為向上リハビリテーション実施加算について、利用開始日の属する月から3月以内のサービスコード
 経過措置期間終了に伴い、当該サービス廃止に対応します。

 (参考)介護予防サービスコード表(令和3年4月施行版) P14
            https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2021/0331152959595/20210331_004.pdf

 

2.外泊時費用、入院時費用のみ算定時に9月30日までの上乗せ加算が自動算定されないよう対応

対象サービスなど:
対象サービス

請求対象月にひと月入院中等で外泊時費用・入院時費用のみの場合、「入退所から取込」で
「9月30日までの上乗せ加算」は自動で算定しないよう対応します。
※基本サービス追加の際は、これまでと同様に基本サービスと共に「9月30日までの上乗せ加算」を自動算定します。
※「9月30日までの上乗せ加算」は、基本サービスに対して0.1%上乗せ計算をしているため、
 国保請求や個人請求に影響がないことを確認しています。

 

3.通所利用減算/小規模事業所加算算定時の計算順を修正

対象サービス:定期巡回・随時対応型訪問介護看護

通所利用減算の減算前に小規模事業所加算の10%を計算していましたが、
通所利用減算後に小規模事業所加算の10%を計算をするよう修正します。

 

4.LIFE連携データ出力画面の機能強化

対象サービス:LIFEへの情報提出を必要とする全サービス

①LIFE情報管理>LIFE情報作成の基準期間の対象帳票検索を改善
 基準期間内に作成されたLIFE関連帳票が検索できるよう対応します。

 例)基準期間「2021/05/01~2021/05/31」の場合、終了日に作成した一部のLIFE帳票が検索されないことを確認しております。
  ・5/1 00:00~5/31 00:00 に作成した帳票は検索される
  ・5/31 00:01~23:59 に作成した帳票は検索されない
 

LIFE基準期間の帳票検索

②医薬品マスタ選択時の剤形コードがLIFE仕様書の剤形コードと一致するよう対応
 LIFE仕様書の剤形コードと一致するよう対応します。
 ※医薬品マスタとLIFEの仕様において、項目・コードが完全には一致していないため、必要に応じて手入力となる可能性があります。

IFE剤形コード
 

③LIFE情報管理>LIFE情報作成の印刷ボタンが動作するよう対応
  画面右上の印刷ボタンが動作するよう対応します。

 

5.LIFE医薬品マスタの更新

対象サービス:LIFEへの情報提出を必要とする全サービス

医薬品マスタ【2021年6月1日版】への対応
 社会保険診療報酬支払基金にて提供されている医薬品マスタ【2021年6月1日版】をLIFE当該マスタに反映します。

 (参考)社会保険診療報酬支払基金>医薬品マスタ
           https://www.ssk.or.jp/seikyushiharai/tensuhyo/kihonmasta/kihonmasta_04.html

 

6.【ちょうじゅ】5月28日緊急バージョンアップの影響による一部帳票の懸案対応

対象帳票:老健R4

5月28日(金)緊急バージョンアップで帳票複写時に
「基本情報取込」または「基本情報再リンク」の機能が自動で実行されるようになりました。
その機能が実行される際に一部帳票において「入所日」などの項目に「システム日付」が設定されている場合、
当該項目に異なる日付が反映されてしまうケースを確認したため、影響を受けないよう対応します。

 

7.「訪問看護指示書」の様式変更

対象サービス、対象画面:訪問看護サービス 「計画書管理」>「指示書」 の「訪問看護指示書」

様式を変更します。
 ・「留意事項及び指示事項」の変更
  「療養生活指導上の留意事項」追加
  「リハビリテーション」欄の更新
 ・「たんの吸引等実施のための訪問介護事業所への指示」欄の追加

詳細は、FAQにてご確認ください。
・訪問看護指示書様式の変更について

 

8.LIFE関連帳票間での転記ルールの修正


対象サービス:介護福祉施設サービス、介護保健施設サービス

LIFE関連の帳票において、転記ルールの一部に不備を確認したため修正します。


修正対象の帳票と内容

一体的口腔衛生管理⇔口腔衛生管理加算 の転記について
「食形態:経口摂取:食事の形態」の転記方法を「ID一致」→「文字一致」へ変更

 

9.帳票の修正


対象サービス:訪問看護、通所介護、通所リハ、特定施設入居者生活介護、認知症対応型共同生活介護
       介護福祉施設サービス、介護保健施設サービス


様式等に不備を確認した帳票について、修正します。


修正対象の帳票

・【一体実施版】リハビリテーションアセスメントシート
・リハビリテーション計画書
・個別機能訓練計画書
・褥瘡対策診療計画書
・施設サービス計画書
・通所介護計画書(様式3-4)
・訪問看護報告書(介)
・訪問看護報告書(医)

 

【医療訪問看護】

1.療養費請求書>指定訪問看護事業者氏名欄の拡張対応

対象サービス、対象画面:医療訪問看護の訪問看護>設定画面

「指定訪問看護事業者氏名」欄に登録されている名称が療養費請求書の各様式に適切に表示されるよう対応します。
 ・「指定訪問看護事業者氏名」欄に登録は「全角15文字」→「全角32文字」に拡張
 ・請求書の各様式において、最大「全角32文字」まで表示できるよう対応
  ※今回は兵庫県様式のみの対応となります。他様式につきましては随時対応の予定です。

 
2.療養費明細>負担金額「公費①」の懸案に対応

対象サービス、対象画面:医療訪問看護の訪問看護>療養費明細画面
医療保険と公費「21:障自・通院医療(精神通院医療」を併用している場合、療養費明細>負担金額「公費①」欄に
月一回算定の加算金額が含まれていないことを確認しました。
※個人請求書の当該金額は、月一回算定の加算金額が含まれていることを確認しています。

医療保険と公費「21:障自・通院医療(精神通院医療」を併用時、当該公費が月途中から適用される場合も考慮して
療養費明細画面および療養費明細書の負担金額「公費①」に適切な金額を表示するよう対応します。

療養費明細画面
療養費明細バージョンアップ前

提供明細画面
提供明細

 

【総合支援】

1.提供実績記録票>「サービス提供の状況」欄の表示文字修正

対象サービス:短期入所
「サービス提供の状況」欄の一部表示文字を修正します。
修正前:他サービス供給 → 修正後:他サービス併給
※国保連への送信データは、文字データではなく数値データのため、影響がないことを確認しています。

バージョンアップ後の提供実績記録票イメージ
提供実績記録票

 
2.入院・外泊時加算のみ算定時に9月30日までの上乗せ加算が自動算定されるに対応

対象サービス:施設入所支援、経過的施設入所支援、障害児施設入所支援、経過的生活介護

基本サービスがなく、入院・外泊時加算のみ算定の場合、入退所取込で「9月30日までの上乗せ加算」が
自動で算定されないよう対応します。
※基本サービス追加の際は、これまでと同様に基本サービスと共に「9月30日までの上乗せ加算」を自動算定します。
※「9月30日までの上乗せ加算」は、基本サービスに対して0.1%上乗せ算定をしているため、
 国保請求や個人請求に影響がないことを確認しています。

 
3.基本サービスが体制に応じて算定されない懸案に対応

対象サービス:計画相談支援、障害児相談支援
事業所体制に「相談支援機能強化体制」が登録されている場合は、体制に応じたサービスが算定されるよう対応します。

 

この問題は解決しましたか?

  • ×