• 公開 2021年05月12日
  • 更新 2021年05月12日
  • アンサーID:6804

2021年5月9日緊急バージョンアップ

一部懸案対応とLIFE情報作成における機能追加のため、緊急バージョンアップを実施いたしました。
クライアントサーバーをご利用中のお客様には、5月9日(日)にメールにてご案内しております。

 

概要

 

日程:2021年5月9日(日)12:30~13:00 対応完了
プログラムバージョンは、CAREKARTE[Ver. 7.38.1.28]、ちょうじゅ[Ver. 5.77.1.40]です。


※データセンターをご利用中の場合、バージョンアップ後の再起動によるプログラムダウンロードの際に
 セキュリティソフトやWindodwsセキュリティによるプログラム確認のメッセージが表示されることがあります。
 メッセージが表示された際は、「許可」していただくようお願いします。

 

 

目次

1.「公平性特例的区分支給限度基準額を超える単位」の割り当て
2.LIFE出力時の複数レコード出力対応

 

対応内容

1.「公平性特例的区分支給限度基準額を超える単位」の割り当て

 

対象サービス:
・居宅介護支援事業所
 
※通所介護または通所リハビリテーションの大規模事業所を利用する給付管理を行っている利用者がいる場合
・小規模多機能型居宅介護、看護小規模多機能型居宅介護
 ※小規模多機能型居宅介護または看護小規模多機能型居宅介護の同一建物減算での基本サービスを算定する場合 


内容:
「公平性特例的区分支給限度基準額を超える単位」に関する懸案の修正が実施されました。
以下の懸案がバージョンアップによって解消されています。
 ・「公平性特例的区分支給限度基準額を超える単位」を通所の大規模事業所に割り当て後、マイナスの単位が表示される

※「公平性特例的区分支給限度基準額を超える単位」の確認方法・操作方法については、下記FAQよりご確認ください。
  ・通所介護等の区分支給限度基準に係る給付管理の取扱いについて

 

2.LIFE出力時の複数レコード出力対応

 

対象サービス:LIFEへの情報提出を必要とする全サービス

「LIFE」の帳票の情報が、指定した期間内に複数履歴存在する場合に
情報を複数件まとめて出力することができるようになりました。

対象画面:LIFE情報管理>LIFE情報作成

最新1件を出力する

複数あれば複数件出力する

 

 

 

 

 

この問題は解決しましたか?

  • ×