• 公開 2021年05月12日
  • 更新 2021年05月12日
  • アンサーID:6797

2021年5月5日緊急バージョンアップ

CAREKARTE、ちょうじゅ・クレヨンは
4月28日(水)弊社バージョンアップ後に確認された懸案について、5月5日(水)に緊急対応しました
「スケジュール」および「対応内容」をご確認ください。


 

目次

 


対応スケジュール

データセンターをご利用中のお客様

■プログラムバージョンアップ:2021年5月5日(水)12:30~13:30に対応しました
 バージョンアップ後のプログラムバージョン
  ・CAREKARTE [Ver. 7.38.1.18]
  ・ちょうじゅ クレヨン [Ver. 5.77.1.24]

 

クライアントサーバーをご利用中のお客様

■プログラムバージョンアップ:2021年5月5日(水)にメールにてご案内したプログラムにて個別対応予定
※お手数ですが、データダウンロードをお願いします。
※【介護保険】CAREKARTE、ちょうじゅのお客様対象に、「総合事業市町村提供単価マスタの間違い修正対応」を行います。
 弊社担当者が連絡し個別に対応しています。連絡をお待ちください。

 

バージョンアップ時にご留意いただくこと

  • プログラムバージョンアップは、運用停止を伴わないためシステムをご利用いただけます
  • バージョンアップ後の再起動によって、対応内容が反映されます
  • 再起動時のプログラムダウンロードにおいて、セキュリティソフトやWindowsセキュリティのプログラム確認は許可するようにお願いします

 


対応内容

介護保険

1.通所介護等の区分支給限度基準に係る給付管理の取扱いの対応

サービス利用者のサービス利用機会の公平性確保の観点から、給付額管理の計算に用いる単位数について、
厚生労働省から示されている記載例を元に、弊社独自に組み込んだ単価マスタを暫定リリースします。
※記載例にないケースには対応できていないため、詳細を市区町村担当課に確認いただく場合があります。あらかじめご了承ください。
※詳細は、「こちら 」をご確認ください。

 

(参考)「通所介護等の区分支給限度基準額に係る給付管理の取扱い」に関する資料

 

2.【総合事業】A2、A6サービスの区部支給限度対象区分における市区町村マスタの設定間違いへの対応

対象サービス:訪問型(A2)サービス、通所型(A6)サービス

「区部支給限度対象区分」は、市区町村提供の単価マスタに影響されることがないよう国保中央会で規定したものを設定し、給付管理できるよう対応します。

 

(参考)市町村版 介護予防・日常生活支援総合事業単位数表マスタインタフェース
単位数マスタIF
資料 P6 https://www.wam.go.jp/gyoseiShiryou-files/documents/2021/0331153855733/20210331_022.pdf より、抜粋

 

3.サービス提供実績票における「令和3年9月30日までの上乗せ分」加算の表記の懸案に対応

サービス提供実績票において、「令和3年9月30日までの上乗せ分」加算の合計単位数が区分支給限度内の場合、
()なしの表記になります。

 

例)通所介護で「令和3年9月30日までの上乗せ分」加算
の合計単位数が区分支給限度内であっても()付きで表記されているが、右下の合計単位数では、区分支給限度内の単位として計算されている
利用票別表画面
※環境設定は、ログインユーザーによって表示されていない場合があります。システム管理者様へご確認ください。

 

4.「滋賀県栗東市」が地域単価コンバートで一括変更できない懸案に対応

対象:滋賀県栗東市

地域単価コンバートにおいて、6級地 → 5級地 に一括変更できるよう対応します。
原因:栗東市は保険者番号が複数「25208」「25321」「25231」あるため、全パターンで一括変更できるようにする必要がありました。

 

 

総合支援

計画相談支援で利用支援と継続支援を同月に請求する場合、「主任相談支援専門員配置加算」の懸案に対応

対象サービス:計画相談支援
利用支援と継続支援を同月に請求する場合、「主任相談支援専門員配置加算」が月2回算定できるよう対応します。

 

 

この問題は解決しましたか?

  • ×