• 公開 2021年05月26日
  • 更新 2021年05月26日
  • アンサーID:6751

利用開始月から12か月を超えた期間に予防訪看、予防訪リハ、予防通リハを提供した場合の減算を自動算定する

回答

※CAREKARTE・ちょうじゅにおける
 12か月後の減算開始時に必要となる「サービスコード」の追加対応は
 国保連の対応にて「国保中央会介護給付費単位数表標準マスタ」に12か月超減算にあたる
 サービスコードが追加されてからの対応となる見込みです。ご案内をお待ち下さい。

 

利用開始日が含まれる月から起算して12か月を超えている場合に、12か月超減算を自動算定します。
「居宅サービス 開始・中止履歴」に利用開始日を登録することで、
「算定基礎から取込」や「連携機能」を行う際に、居宅サービス開始日をもとに減算が算定されます。

 

対象サービス
対象サービス

 

対象画面
・請求業務管理>基本情報>居宅サービスの「居宅サービス 開始・中止履歴」
・請求業務管理>給付管理または実績管理

留意事項
制度要件の実施上の留意事項で『令和3年4月から起算して12か月を超える場合から適用』とされていることから、
「居宅サービス 開始・中止履歴」の開始日が令和3年3月以前の場合については、令和3年4月が起算月となります。
※令和3年4月から起算して12か月を超えている場合 → 令和4年4月~減算
 

減算のイメージ
減算のイメージ

 

減算のパターン
減算のパターン

 

操作手順

 対象画面

・請求業務管理>基本情報>居宅サービスの「居宅サービス 開始・中止履歴」
・請求業務管理>給付管理または実績管理

 

 居宅サービス開始日を登録する

以下の手順を参考に、居宅サービス開始日を登録してください。

リンク:居宅サービス開始日を登録する

 

 減算を取り込む

留意事項
※減算が自動取込されるのは、令和4年4月以降の計画・実績処理からとなります

【算定基礎から取り込む場合】
手順1:給付管理または実績管理を開きます。
手順2:「算定基礎から取込」をクリックします。
手順3:取込対象と取込先を選択し、「次へ」(給付管理の場合は「取込み開始」)をクリックします。
手順4:「完了」をクリックします。
手順5:12か月超減算が算定されたことを確認します。

 

起算日が令和3年4月1日の利用者のケース(「算定基礎から取込」実施後の画面) 起算日が令和3年4月1日の利用者のケース

 

【連携機能から取り込む場合】
手順1:給付管理または実績管理を開きます。
手順2:「連携機能」をクリックします。
手順3:スケジュール管理から実績データを取り込むを選択し、「次へ」をクリックします。
手順4:対象者を選択し、「次へ」をクリックします。
手順5:現場実績データを選択し、「次へ」をクリックします。
手順6:内容を確認し、「完了」をクリックします。
手順7:12か月超減算が算定されたことを確認します。

 

起算日が令和3年7月1日の利用者のケース(「連携機能」から取込実施後の画面) 起算日が令和3年4月1日の利用者のケース

 

この問題は解決しましたか?

  • ×