• 公開 2021年04月13日
  • 更新 2021年04月13日
  • アンサーID:6726

2021年4月12日バージョンアップ前に作成した帳票の対応について

2021年4月12日バージョンアップで追加されたLIFE関連の一部の帳票で
特定の条件下において帳票の保存し直しを行うと、一部項目の内容が失われる可能性があります。
以下のご案内を参照し、対応をお願いします。

 

概要

以降に示す「対象となる帳票」
帳票バージョンアップ前に、帳票の開始日を4月1日以降にして作成されている場合
ピンを抜き差しするなどして、帳票の保存し直しを行うと
旧帳票にしか存在しない項目の内容が保持されない状態となってしまいます。
ピンを抜かずに「複写」してから、編集を実施いただくようご対応ください。

なお、「開始日」が3月末以前の日付に設定されている帳票のデータを利用して
4月以降の帳票を作成される際も、必ず複写をして作成をお願い致します。

 

帳票の「開始日」 帳票の開始日

 

対象となる帳票

 

  • 排せつの状態に関するスクリーニング・支援計画書
  • 栄養・摂食嚥下スクリーニング・アセスメント・モニタリング(施設)
  • 栄養スクリーニング・アセスメント・モニタリング(通所・居宅)
  • リハビリテーション計画書
  • リハビリテーション会議録
  • 生活行為向上リハビリテーション実施計画
  • 生活機能チェックシート
  • 個別機能訓練計画書
  • 個別機能訓練計画書 デイ版

 

発生する現象・対応策

発生する現象

例)「排せつの状態に関するスクリーニング・支援計画書」で、発生する現象について説明します。

 

2021年4月12日バージョンアップ前
バージョンアップ前帳票

 

2021年4月12日バージョンアップ後
バージョンアップ後帳票

 

ここで、入力済みの記録を以前の様式で確認するために「開始日」を3月以前に戻そうとして
ピンを外すと、旧帳票にしか存在しない項目の内容が保持されない状態となってしまいます。

 

対応策

バージョンアップ前に、4月以降の開始日で登録しておいた帳票について
レイアウト変更で見えなくなってしまった項目については
以下のようにして「複写」→「開始日を3月以前に変更」することで、ご確認ください。

バージョンアップ後帳票複写

 

開始日を変更し、3月以前の様式に戻った状態
バージョンアップ後帳票(3月)

 

 

この問題は解決しましたか?

  • ×