• 公開 2021年05月03日
  • 更新 2021年05月03日
  • アンサーID:6679

通所系サービスで時間延長となる場合の延長サービス加算を算定する

CAREKARTE

ちょうじゅ

回答

令和3年度制度改正により、通所系サービスの時間延長の加算は独立した加算に変更されました。
時間延長となる場合、スケジュールの所定の場所にチェックを付けた状態で、請求画面の方に実績取込を行うことで
「そのサービス種別の一番長い時間帯の基本サービス」 + 「延長する時間に応じた延長サービス加算」
が算定されるようになります。

 

 

対象サービス

  • 通所介護
  • 通所リハビリテーション
  • 地域密着型通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 介護予防認知症対応型通所介護
 ※介護予防通所リハビリテーションは月額包括報酬の為、時間延長はありません。

 

 

対象画面

居宅介護支援事業所の場合


【計画の作成】
・請求業務管理>基本情報>算定基礎
・ケアマネ業務管理>利用票・提供票

 

通所系サービス提供事業所の場合


【計画の作成】
・請求業務管理>基本情報>算定基礎
・請求業務管理>給付管理又は実績管理
・スケジュール管理>利用予定

【実績の作成】
・請求業務管理>給付管理又は実績管理

【実績の確認】
・請求業務管理>給付管理又は実績管理
・請求業務管理>実績管理の右下の「実績チェック」

 

留意点

  • 基本サービスの提供時間を、延長時間を含めて設定しても、延長サービス加算は自動算定されません。
    計画を作成する際は、延長サービス加算のサービスコードの追加が必要です。
  • 算定基礎の登録や基本サービス追加の際、基本サービスの提供時間を時間延長で登録した場合は、
    一番長い時間帯の基本サービスが選択されます。

 

操作手順

【計画の作成】

居宅介護支援事業所の場合


手順1.算定基礎に利用予定を登録します。
  サービス利用パターンを算定基礎に登録する

手順2.算定基礎から取り込みを行い、利用票を作成します。
  算定基礎をスケジュール管理へ展開して登録する方法
 

通所系サービス提供事業所の場合


手順1.請求業務管理>給付管理又は実績管理で予定を作成します。
(算定基礎から取り込む場合)
  算定基礎をスケジュール管理へ展開して登録する方法
(同法人内で作成された予定を取り込む場合)
  同法人内の事業所で作成された予定や実績を取り込む

手順2.連携機能を使い、スケジュールを作成します。
  スケジュール管理に予定データを書込む

その他、以下の方法でもスケジュールの作成は可能です。
  週間予定を月間予定へ展開する方法
  利用者予定を直接登録する方法


手順3.スケジュール管理画面でスケジュールタイトルを確認します。

スケジュールタイトル確認

 

【実績の作成】

手順1:延長サービス加算を取り込むには、スケジュールタイトル内の延長時間にチェックが必要です。
    連携機能で取り込む前に、実績を確認します。
 

スケジュールチェック項目確認

手順2:連携機能を使い、スケジュールから実績を取り込みます。
スケジュール管理から実績データを取り込む

 

【実績の確認】

「一番長い時間帯の基本サービス」「延長時間に応じた延長サービス加算」が算定されていることを確認します。
 

サービスコード確認

この問題は解決しましたか?

  • ×