• 公開 2019年12月16日
  • 更新 2019年12月16日
  • アンサーID:5330

請求方法をまとめて登録する

CARE KARTE

回答

システムで用意しているExcelシートで作成した複数名分の請求方法を一括登録することができます。
Microsoft Excelがインストールされているパソコンで作業をお願いします。

操作手順

  1. 請求方法登録用のExcelをダウンロードする
  2. 請求方法登録用のExcelにデータ入力する
  3. 請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

請求方法登録用のExcelをダウンロードする

マスタ移行ツール
手順1:業務用マスタメンテナンスのマスタ移行ツールを選択します。

入力シート
手順2:「⑦請求方法登録」をクリックして、「入力シートを表示」をクリックします。

登録済み表示の確認
手順3:既に登録済みの請求方法をシートに表示する場合は、「はい」を選択します。

Excel画面
手順4:Excelが起動するので画面を確認してください。

請求方法登録用のExcelにデータ入力する

5行目に入力されている入力例を元に、請求方法を6行目(セル:B6)以降に入力します。
入力が終わりましたら保存します。ファイル名は後で見て判断ができる名前にします。

利用者毎に請求方法の入力を行います。

【利用者情報】
項目入力可否説明
番号不可個人番号を入力します。
半角数字10桁
既に設定されている場合は、変更しません。
不可姓を入力します。
文字、全角8文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
不可名を入力します。
文字、全角7文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
生年月日不可生年月日を入力します。
和暦、西暦
既に設定されている場合は、変更しません。
請求方法不可請求方法を入力します。
1 or 現金
2 or 振込
3 or 口座引落
 
【請求書送付先情報】
項目入力可否説明
氏名利用者名を入力します。
文字、全角20文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
郵便番号郵便番号を入力します。
半角英数
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所1住所1を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所2住所2を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
電話番号電話番号を入力します。
半角英数、4桁
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
 
【引落し口座情報】(口座引落の場合のみ入力)
項目入力可否説明
銀行番号不可銀行番号を入力します。
半角英数4桁
銀行名不可銀行名を入力します。
半角15文字以内
銀行支店番号不可銀行支店番号を入力します。
半角英数3桁
銀行支店名不可銀行支店名を入力します。
半角15文字以内
預金種目不可預金種目を入力します。
1 or 普通
2 or 当座
口座番号不可口座番号を入力します。
半角英数7桁
預金者名
(カナ左詰め)
不可預金者名をカナ左詰めで入力します。
半角カナ30文字以内
顧客番号不可顧客番号を入力します。
半角英数20文字以内
 

請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

マスタ移行ツール
手順1:マスタ管理①のマスタ移行ツールを選択します。

ファイル取込
手順2:「⑦請求方法登録」をクリックして、「ファイル読込み」をクリックします。

ファイル選択
手順3:ファイルを選択する画面が表示されるので、作成したExcelを選択します。

サンプルExcel
※例として上記のExcelを読み込みます

取込結果
手順4:取込結果が表示されます。
    登録可能な利用者データはレ点がつきます。無効なデータはレ点がつきません。
    無効なデータの場合、セルが赤い背景色になります。

請求方法編集
手順5:赤いセルがある場合は、「編集」をクリックして修正をします。
    修正が必要な箇所は赤い文字になります。

登録
手順6:登録可能な請求方法にレ点がついていることを確認して、「登録」をクリックします。

確認メッセージ
手順7:確認メッセージを確認して、「はい」をクリックします。

登録結果
手順8:登録された請求方法は、一覧に表示されなくなります。
手順9:エラーデータは、そのまま一覧に表示さます。

請求方法確認
手順10:請求業務管理の基本情報の請求方法を選択して確認します。


ちょうじゅ

回答

システムで用意しているExcelシートで作成した複数名分の請求方法を一括登録することができます。
Microsoft Excelがインストールされているパソコンで作業をお願いします。

操作手順

  1. 請求方法登録用のExcelをダウンロードする
  2. 請求方法登録用のsExcelにデータ入力する
  3. 請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

請求方法登録用のExcelをダウンロードする

マスタ移行ツール
手順1:マスタ管理①のマスタ移行ツールを選択します。

入力シート
手順2:「⑦請求方法登録」をクリックして、「入力シートを表示」をクリックします。

登録済み表示の確認
手順3:既に登録済みの請求方法をシートに表示する場合は、「はい」を選択します。

Excel画面
手順4:Excelが起動するので画面を確認してください。

請求方法登録用のExcelにデータ入力する

5行目に入力されている入力例を元に、請求方法を6行目(セル:B6)以降に入力します。
入力が終わりましたら保存します。ファイル名は後で見て判断ができる名前にします。
使用可能文字が決まっていますのでご注意下さい。 ⇒ こちら

【利用者情報】
項目入力可否説明
番号不可個人番号を入力します。
半角数字10桁
既に設定されている場合は、変更しません。
不可姓を入力します。
文字、全角8文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
不可名を入力します。
文字、全角7文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
生年月日不可生年月日を入力します。
和暦、西暦
既に設定されている場合は、変更しません。
請求方法不可請求方法を入力します。
1 or 現金
2 or 振込
3 or 口座引落
 
【請求書送付先情報】
項目必須説明
氏名 利用者名を入力します。
文字、全角20文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
郵便番号 郵便番号を入力します。
半角英数
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所1 住所1を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所2 住所2を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
電話番号 電話番号を入力します。
半角英数、4桁
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
 
【引落し口座情報】

※下表の必須は、口座引落の場合のみ必須な項目です。
現金の場合、各項目未入力の状態でもエラーになりません。

項目必須説明
銀行番号必須銀行番号を入力します。
半角英数4桁
銀行名必須銀行名を入力します。
半角15文字以内
銀行支店番号必須銀行支店番号を入力します。
半角英数3桁
銀行支店名必須銀行支店名を入力します。
半角15文字以内
預金種目必須預金種目を入力します。
1 or 普通
2 or 当座
口座番号必須口座番号を入力します。
半角英数7桁
預金者名
(カナ左詰め)
必須預金者名をカナ左詰めで入力します。
半角カナ30文字以内
顧客番号必須顧客番号を入力します。
半角英数20文字以内

ゆうちょの場合の登録方法 ⇒ こちら

 

請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

マスタ移行ツール
手順1:マスタ管理①のマスタ移行ツールを選択します。

ファイル取込
手順2:「⑦請求方法登録」をクリックして、「ファイル読込み」をクリックします。

ファイル選択
手順3:ファイルを選択する画面が表示されるので、作成したExcelを選択します。

サンプルExcel
※例として上記のExcelを読み込みます

取込結果
手順4:取込結果が表示されます。
    登録可能な利用者データはレ点がつきます。無効なデータはレ点がつきません。
    無効なデータの場合、セルが赤い背景色になります。

請求方法編集
手順5:赤いセルがある場合は、「編集」をクリックして修正をします。
    修正が必要な箇所は赤い文字になります。

登録
手順6:登録可能な請求方法にレ点がついていることを確認して、「登録」をクリックします。

確認メッセージ
手順7:確認メッセージを確認して、「はい」をクリックします。

登録結果
手順8:登録された請求方法は、一覧に表示されなくなります。
手順9:エラーデータは、そのまま一覧に表示さます。

請求方法確認
手順10:請求業務管理の基本情報の請求方法を選択して確認します。

注意事項

利用者情報をちょうじゅの画面から操作し保存した場合、Excelデータが取込できない場合があります。

利用者情報が未登録の場合、Excelデータは取り込みができません。利用者情報を取り込んだ後、再度請求方法のExcelデータ取り込みを行ってください。
利用者情報の一括登録方法 ⇒ こちら

 

クレヨン

回答

システムで用意しているExcelシートで作成した複数名分の請求方法を一括登録することができます。
Microsoft Excelがインストールされているパソコンで作業をお願いします。

操作手順

  1. 請求方法登録用のExcelをダウンロードする
  2. 請求方法登録用のExcelにデータ入力する
  3. 請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

請求方法登録用のExcelをダウンロードする

マスタ移行ツール
手順1:マスタ管理①のマスタ移行ツールを選択します。

入力シート
手順2:「⑥請求方法登録」をクリックして、「入力シートを表示」をクリックします。

登録済み表示の確認
手順3:既に登録済みの請求方法をシートに表示する場合は、「はい」を選択します。

Excel画面
手順4:Excelが起動するので画面を確認してください。

請求方法登録用のExcelにデータ入力する

5行目に入力されている入力例を元に、請求方法を6行目(セル:B6)以降に入力します。
入力が終わりましたら保存します。ファイル名は後で見て判断ができる名前にします。
使用可能文字が決まっていますのでご注意下さい。 ⇒ こちら

【利用者情報】
項目入力可否説明
番号不可個人番号を入力します。
半角数字10桁
既に設定されている場合は、変更しません。
不可姓を入力します。
文字、全角8文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
不可名を入力します。
文字、全角7文字以内
既に設定されている場合は、変更しません。
生年月日不可生年月日を入力します。
和暦、西暦
既に設定されている場合は、変更しません。
請求方法不可請求方法を入力します。
1 or 現金
2 or 振込
3 or 口座引落
 
【請求書送付先情報】
項目必須説明
氏名 利用者名を入力します。
文字、全角20文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
郵便番号 郵便番号を入力します。
半角英数
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所1 住所1を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
住所2 住所2を入力します。
文字、全角30文字以内
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
電話番号 電話番号を入力します。
半角英数、4桁
登録がない場合は、基本情報が転記されます。
 
【引落し口座情報】

※下表の必須は、口座引落の場合のみ必須な項目です。
現金の場合、各項目未入力の状態でもエラーになりません。

項目必須説明
銀行番号必須銀行番号を入力します。
半角英数4桁
銀行名必須銀行名を入力します。
半角15文字以内
銀行支店番号必須銀行支店番号を入力します。
半角英数3桁
銀行支店名必須銀行支店名を入力します。
半角15文字以内
預金種目必須預金種目を入力します。
1 or 普通
2 or 当座
口座番号必須口座番号を入力します。
半角英数7桁
預金者名
(カナ左詰め)
必須預金者名をカナ左詰めで入力します。
半角カナ30文字以内
顧客番号必須顧客番号を入力します。
半角英数20文字以内

ゆうちょの場合の登録方法 ⇒ こちら

 

請求方法登録用のExcelをシステムに取り込む

マスタ移行ツール
手順1:マスタ管理①のマスタ移行ツールを選択します。

ファイル取込
手順2:「⑥請求方法登録」をクリックして、「ファイル読込み」をクリックします。

ファイル選択
手順3:ファイルを選択する画面が表示されるので、作成したExcelを選択します。

サンプルExcel
※例として上記のExcelを読み込みます

取込結果
手順4:取込結果が表示されます。
    登録可能な利用者データはレ点がつきます。無効なデータはレ点がつきません。
    無効なデータの場合、セルが赤い背景色になります。

請求方法編集
手順5:赤いセルがある場合は、「編集」をクリックして修正をします。
    修正が必要な箇所は赤い文字になります。

登録
手順6:登録可能な請求方法にレ点がついていることを確認して、「登録」をクリックします。

確認メッセージ
手順7:確認メッセージを確認して、「はい」をクリックします。

登録結果
手順8:登録された請求方法は、一覧に表示されなくなります。
手順9:エラーデータは、そのまま一覧に表示さます。

請求方法確認
手順10:請求業務管理の基本情報を選択して確認します。

注意事項

利用者情報をクレヨンの画面から操作し保存した場合、Excelデータが取込できない場合があります。

利用者情報が未登録の場合、Excelデータは取り込みができません。利用者情報を取り込んだ後、再度請求方法のExcelデータ取り込みを行ってください。
利用者情報の一括登録方法 ⇒ こちら

この問題は解決しましたか?

  • ×