• 公開 2020年01月16日
  • 更新 2020年01月16日
  • アンサーID:4891

帳票を変更する

ちょうじゅ・クレヨンの回答

タイトルマスタで作成したオリジナルの帳票を変更します。
システム管理者または権限のある方が操作します。

タイトルマスタで記録・帳票タイトルを作成や更新を行うには、カスタマイズツール(オプションツール)の導入が必要です。

操作手順

準備

変更する前にバックアップをとります。

バックアップをとっておくことで、変更前の状態に戻したい場合には、バックアップした時点に戻すことができます。

対象組織(事業所)の選択

編集の対象となる組織(事業所)を選択します。組織(事業所)名が表示されている場合には、確認をお願いします。

組織選択

手順1:組織選択ボタンをクリックします。
手順2:組織選択画面で対象の組織(事業所)を選択します。
手順3:確定します。

対象の帳票を選択

帳票名から検索

変更の対象となる帳票を名称から検索して選択します。

帳票名称検索

手順1:画面左下の検索キーワード入力欄に、帳票の名称を入力します。
手順2:表示された名称から編集する帳票を選択します。
手順3:帳票の内容が表示されます。

保存している場所を指定して選択

編集の対象となる帳票を選択します。
作成したオリジナル帳票は、ユーザー区分1~5のタイトル区分に保存されています。

ユーザー区分

手順1:▼をクリックします。
手順2:ユーザー区分1~5より選択します。

ユーザー区分

手順3:表示されたタイトル名称から編集する帳票を選択します。
手順4:帳票の内容が表示されます。

基本部品を使う

項目、入力欄の追加

例)備考欄を追加
【使用部品】

  • ラベル
  • テキストエリア

枠1

手順1:左のタイトル名称一覧から修正を行う記録タイトル、または、帳票をクリックします。

枠2

手順2:基本部品からラベルをクリックし、図中のあたりにドラッグアンドドロップします。

枠3

手順3:部品設定画面から、追加したラベルを調整します。
手順4:ラベルを設定します。
     ・ラベルに「備  考」を入力します。
手順5:大きさを調整します。部品設定に調整した結果が数値で表示されます。
     ・X座標:25
     ・Y座標:975
     ・幅 :189
     ・高さ:80
手順6:ラベル表示位置を指定します。
     ・ラベル位置:中中 (部品の中央に中央寄せで表示されます)
手順7:表示色を指定します。
     ・色指定:チェックします
手順8:背景色を指定します。
     ・背景色:クリックすると色見本が表示されるので、該当の色を選択します。

枠4

手順9:基本部品からテキストエリアの部品を選択し、ドラッグアンドドロップします。上の入力欄を追加します。
手順10:大きさを調整します。部品設定に調整した結果が数値で表示されます。
     ・X座標:205
     ・Y座標:975
     ・幅 :520
     ・高さ:80

枠8

手順11:プレビューをクリックし、動作確認をします。
手順12:保存します。

 

固定分、日付欄を追加

例)同意欄を追加
【使用部品】

  • ラベル 
  • 日付エリア 
  • テキストエリア

日付入力欄1

手順1:変更する帳票を選択します。
手順2:同意文を追加します。
    ラベルをクリックし、ドラッグアンドドラッグして、サイズを調整します。
     ・ラベル:[同意欄]個別機能訓練計画書について説明を受け、内容に同意しました。
     ・X座標:25
     ・Y座標:1000
     ・幅:450
     ・高さ:25
     ・境界スタイル:なし

日付入力欄2

手順3:同意日を追加します。
    日付エリアをクリックしドラッグアンドドラッグして、サイズを調整します。
     ・ラベル:同意欄日:
     ・X座標:45
     ・Y座標:1030
     ・幅:260
     ・高さ:25
     ・ラベル位置:左中
     ・境界スタイル:なし
     ・日付形式:(カスタム書式)  ←日付書式は、★参照
     ・日付配置:左中
     ・カスタム書式:gggyy年MM月dd日
     ・ラベル位置:左
     ・ラベル幅(高):70
     ・ラベル枠線:チェックしない

日付入力欄3

 ★日付書式
     ・gggyy年 : 和暦表示→平成28年
     ・yyyy年   : 西暦表示→2016年
     ・(ddd)    : 曜日 (月)~(日)

手順4:氏名欄を追加します。

日付入力欄4

手順5:氏名を追加します。
    ラベルをクリックしドラッグアンドドロップして、サイズを調整します。
     ・ラベル:氏名:
     ・X座標:300
     ・Y座標:1030
     ・幅:45
     ・高さ:25
     ・境界スタイル:なし

日付入力欄5

手順6:氏名入力欄を追加します。
    テキストエリアをクリックしドラッグアンドドロップして、サイズを調整します。
     ・ラベル:同意欄氏名(ラベル表示しない場合も何のために使用する欄なのかをわかるようにラベルを入力します。)
     ・X座標:345
     ・Y座標:1030
     ・幅:380
     ・高さ:25
     ・境界スタイル:なし

日付入力欄6

手順7:プレビューをクリックし、動作確認をします。
手順8:保存します。

 

項目の名称を変更

例)「備考」を「お知らせ」欄に変更

名称1

名称2

手順1:変更する帳票を選択します。
手順2:「備  考」をクリックし、部品設定の「ラベル」を変更します。
     ・ラベル:お知らせ

手順3:保存します。

非表示にする

例)お知らせ欄を非表示にします。

非表示1

手順1:変更する帳票を選択します。
手順2:「備  考」をクリックし、部品設定の以下の項目を変更します。
     ・部品表示 :表示しないにチェック
     ・ラベル表示:表示しないにチェック
     ・印刷    :印刷しないにチェック

非表示3

手順3:入力枠をクリックし、部品設定の以下の項目を変更します。
     ・部品表示 :表示しないにチェック
     ・ラベル表示:表示しないにチェック
     ・印刷    :印刷しないにチェック
手順4:保存します。

非表示のため、状況に応じて表示に戻すことができます。

 

項目の削除

項目を指定して部品削除します。

テキストエリアを削除の場合は、過去に入力した帳票からも入力欄および入力内容も削除されます。

削除1

手順1:変更する帳票を選択します。
手順2:削除する項目をクリックします。
手順3:部品削除クリックします。

削除2

手順4:確認メッセージが表示されるので、削除する場合は、「はい」をクリックします。
手順5:保存します。

入力欄のサイズ変更

部品の非表示、削除や移動によってできたスペースを利用して、入力欄のサイズを調整します。

例)入力欄を調整

入力欄1

手順1:変更する帳票を選択します。
手順2:入力欄の高さを調整します。
    調整する数値を決めて調整:高さを10ドット広げる
     1「実行や支援にあたって留意すること」
     2「ご本人やご家族の希望」

入力欄2

手順3:1のラベル部品、テキストエリア部品を選択します。
     ・ラベル部品をクリック後、Ctrlキーを押しながらテキストエリア部品をクリック
手順4:高さを10ドット大きくします。
     ・高さ:80→90

入力欄3

手順5:2のラベル部品、テキストエリア部品を選択します。
     ・ラベル部品をクリック後、Ctrlキーを押しながらテキストエリア部品をクリック
手順6:表示位置を10ドット下げ、高さを10ドット大きく調整します。
     ・Y座標:895→905
     ・高さ:80→90
手順7:保存します。

高さや幅等大きさの調整は、マウス操作と部品設定の数値入力の双方を使って設定可能です。

操作後に元に戻したい場合

「誤って削除してしまった」「別の部品で操作したかった」などの場合には、タイトルマスタの「アンドゥ」ボタンでひとつ前の状態に戻す、「リドゥ」ボタンで戻した操作を取消すことができます。

  • 「アンドゥ」ボタン
    ひとつ前の状態に戻します。
  • アンドゥボタン

 
  • 「リドゥ」ボタン
    戻した操作を取消します。
  • リドゥボタン

操作を行っても元に戻らない場合には、コールセンターまでご相談ください。

 

注意事項

帳票の変更はタイトルマスタで部品の追加、削除、設定内容などの変更を行うため、作成済の帳票も変更されます。

 

参考資料

マニュアル

この問題は解決しましたか?

  • ×