• 公開 2019年12月13日
  • 更新 2019年12月13日
  • アンサーID:4665

口座引落分のデータを出力する

CARE KARTE

回答

個人請求のFB出力でファイルに出力します。

操作手順

手順1:請求業務管理の個人請求を選択します。
手順2:画面下のFB出力をクリックします。

FB出力画面1

手順3:対象事業所を選択し、①口座振替データ読込をクリックします。

FB出力画面2

手順4:内容を確認し、②口座振替ファイル出力をクリックします。

口座振替データ作成

手順5:引落日を入力し、作成をクリックします。

口座振替データ読み込み

手順6:ファイル名を入力し、保存します。
手順7:画面右上の閉じるをクリックします。

個人請求

手順8:個人請求画面で請求状態が[FB]になったことを確認します。

■読込オプション

読み込み1

  • 前月までの未収金を含める、前月までの未収金を合算するにチェックが入っている場合
    条件にあてはまる利用者がいる場合は、請求データ件数は2/2以上で1行表示されます。

  • 前月までの未収金を含める のみにチェックが入っている場合
    条件にあてはまる利用者がいる場合は、請求データ件数が1/1となるデータが複数行表示されます。

  • 読み込みオプションにチェックが入っていない場合
    対象月の引落金額のみを出力するので、すべての利用者の請求データ件数は1/1になります。

  • 別利用者同一口座で合算する にチェックが入っている場合

    読み込み2

    合算して引落になります。
    ※該当者の口座情報には、引落口座の銀行番号から顧客コードまで同じものを登録しておく必要があります。
  • 特定の委託先を選択して読込を行う場合

    読み込み3

    委託先を選択して指定します。

■出力オプション

読み込み4

  • 特定の金融機関を選択して出力する場合
    選択した金融機関の口座振替データとして出力されてます。
  • 口座振替ファイルのレコードごとに改行したい場合
    1レコードごとに改行するにチェックで、出力形式の切り替えができます。

ちょうじゅ

ちょうじゅの回答

個人請求のFB出力でファイルに出力します。

操作手順

手順1:請求業務管理の個人請求を選択します。
手順2:画面下のFB出力をクリックします。

FB出力画面1
手順3:対象事業所を選択し、①口座振替データ読込をクリックします。

 

FB出力画面2
手順4:内容を確認し、②口座振替ファイル出力をクリックします。

 

口座振替データ作成画面
手順5:引落日を入力し、作成をクリックします。

 

口座振替データフォルダ画面
手順6:ファイル名を入力し、保存します。
手順7:画面右上の閉じるをクリックします。

 

個人請求画面
手順8:個人請求画面で請求状態が[FB]になったことを確認します。

■読込オプション

読み込みオプション1

  • 前月までの未収金を含める、前月までの未収金を合算するにチェックが入っている場合
    条件にあてはまる利用者がいる場合は、請求データ件数は2/2以上で1行表示されます。

  • 前月までの未収金を含める のみにチェックが入っている場合
    条件にあてはまる利用者がいる場合は、請求データ件数が1/1となるデータが複数行表示されます。

  • 読み込みオプションにチェックが入っていない場合
    対象月の引落金額のみを出力するので、すべての利用者の請求データ件数は1/1になります。

  • 別利用者同一口座で合算する にチェックが入っている場合

    読み込みオプション2

    合算して引落になります。
    ※該当者の口座情報には、引落口座の銀行番号から顧客コードまで同じものを登録しておく必要があります。
  • 特定の委託先を選択して読込を行う場合

    読み込みオプション3

    委託先を選択して指定します。

■出力オプション

出力オプション

  • 特定の金融機関を選択して出力する場合
    選択した金融機関の口座振替データとして出力されてます。
  • 口座振替ファイルのレコードごとに改行したい場合
    1レコードごとに改行するにチェックで、出力形式の切り替えができます。
 

注意事項

FB出力した時に指定した「引き落し日付」は、委託先金融機関の引き落し日を指定します。通常の引き落し日が土日、祝日などにより変更となる場合もありますのでご注意ください。

この問題は解決しましたか?

  • ×