• 公開 2019年12月17日
  • 更新 2019年12月17日
  • アンサーID:4649

利用者請求書のレイアウトを設定する。

CARE KARTE

回答

請求業務管理の個人請求で、請求書のレイアウトを設定します。
※本設定を行った後に個人請求処理を行うと、設定が反映されます。

操作手順

トップメニュー

手順1:請求業務管理の設定(スパナマーク)をクリックします。

個人請求書設定

手順2:「個人請求」タブをクリックします。
手順3:印刷形式、出力形式、表示形式の指定を行います。
手順4:その他、表示に関する指定を行います。
手順5:「個人請求書レイアウト設定」をクリックし、請求書の表示レイアウトを設定します。
手順6:「確定」をクリックし、設定内容を確定します。

設定のヒント

印刷形式、出力形式、表示形式

印刷形式、出力形式、表示形式

  • 印刷形式
    請求書、領収書、請求書(控え)の書式を設定します。

    請求書兼領収書(2分割)を指定:請求書兼領収書と請求書(控え)の2部に分かれる書式です。
    請求書・領収書(3分割)を指定:請求書、領収書、請求書(控え)の3部に分かれる書式で、領収書には金額のみが記載され、明細が省かれます。
    請求書・領収書(全明細)を指定:請求書、領収書、請求書(控え)の3部に分かれる書式で、全てに明細が付き、明細は2列に分かれます。
    請求書・領収書(A4版)を指定:A4用紙1枚に請求書のみ(領収書モードの場合は領収書のみ)を表示する書式です。
  •  
  • 出力形式
    請求書に出力する項目を指定します。
  •  
  • 表示形式
    請求書に出力する明細の表示形式を指定します。
  •  

その他、表示に関する指定

  • 単価の表示・非表示
    単価(保険対象)、単価(自己負担)の表示・非表示を指定します。
    更に、単価×回数=合計にならない場合に、単価を表示しない指定をします。
  •  
  • 作成対象者の設定
    保険証(暫定)の利用者、保険証のない利用者も請求書作成対象とするか指定します。
  •  
  • 医療費控除の設定
    医療費控除の表示可否、適用条件を指定します。
  •  

    その他、表示に関する指定

  • 消費税の扱い
    消費税の税率、端数処理を指定します。
  •  

    消費税の税率

  • 端数処理
    総計、医療費控除の端数処理を指定します。
    小数点以下を▼をクリックすると、更に細かく設定することができます。
  •  

    端数処理

  • 端数処理(社福減免適用時)
    社福減免の一覧から選択します。
  •  

    社福減免適用時1

  • 端数処理の方法:切り捨てる、切り上げる、四捨五入する から選択します。
  •  
  • 必要に応じて、サービス費と食費居住費で軽減率が違う場合、( )に関わらず分けて端数処理する。のチェックを付けます。
  •  

    社福減免適用時2

個人請求書レイアウト設定

手順1:個人請求書レイアウト設定をクリックします。

個人請求書レイアウト設定

①から⑧までの枠に文字を入力すると、請求書に反映できます。

※ここでは、個人請求書(A4版)を例に説明します。

請求書

  • 【見出し①】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面①参照。
  • 【見出し②】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 【区 分】 :名称を入力します。表示位置はプレビュー画面③参照。
  • 【案 内】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面④参照。
  • 【案 内】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑤参照。
  • 台帳コードを表示するにチェック:宛先に台帳コードが表示されます。
  • 宛先を表示するにチェック:宛先が表示されます。
  • フリガナを表示するにチェック:利用者名にフリガナが表示されます。
  • 請求書1

  • 【備考欄】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面⑥参照。
  • 【備考欄】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑦参照。
  • 印鑑欄使用にチェック:印鑑欄が表示されます。表示位置はプレビュー画面⑧参照。
    ※印鑑欄は、印鑑欄使用にチェックをつけた場合にのみ表示されます。
  • 前月分の未収金額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • 医療費控除対象額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • ※⑥から⑧までの登録は、プレビュー画面を下へスクロールして確認します。
  • 請求書2

※↑プレビュークリックでプレビュー画面が更新されます。

領収書

①から⑧までの枠に文字を入力すると、領収書に反映できます。
※反映される位置は、請求書と同じです。

  • 【見出し①】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面①参照。
  • 【見出し②】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 【区 分】 :名称を入力します。表示位置はプレビュー画面③参照。
  • 【案 内】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面④参照。
  • 【案 内】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑤参照。
  • 台帳コードを表示するにチェック:宛先に台帳コードが表示されます。
  • 宛先を表示するにチェック:宛先が表示されます。
  • フリガナを表示するにチェック:利用者名にフリガナが表示されます。
  • 【備考欄】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面⑥参照。
  • 【備考欄】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑦参照。
  • 印鑑欄使用にチェック:印鑑欄が表示されます。表示位置はプレビュー画面⑧参照。
    ※印鑑欄は、印鑑欄使用にチェックをつけた場合にのみ表示されます。
  • 前月分の未収金額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • 医療費控除対象額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • ※⑥から⑧までの登録は、プレビュー画面を下へスクロールして確認します。
  • 領収書2

※↑プレビュークリックでプレビュー画面が更新されます。

明細欄設定

明細欄設定1

  • 区分 折り返す:チェックをすると、長い区分名を折り返して表示します。
  • 項目 折り返す:チェックをすると、長い項目名を折り返して表示します。
  • 金額 ¥を表示しない:チェックをすると、金額に¥を表示しません。
  • 明細欄設定2

  • 過入額ラベル:名称を変更できます。対象額があれば、請求書下部、総額の左側に表示されます。
  • 未収額ラベル:名称を変更できます。対象額があれば、請求書下部、総額の左側に表示されます。
  • 明細欄設定3

  • 保険サービスヘッダ:名称を変更できます。請求書(領収書)明細欄と、合計行(内容)に表示されます。
  • 自費サービスヘッダ:名称を変更できます。請求書(領収書)明細欄と、合計行(内容)に表示されます。
  • ※書式がA4 版、且つ「明細行には単価でなく単位を表示する」にチェックが入っている場合のみ有効です。

    明細欄設定4

  • 必要に応じてチェックします。
  • ※プレビュークリックで表示を確認してください。

事業所情報

事業所情報

  • 法人事業所等名称表記:表示位置はプレビュー画面①参照。
    事業所名称、住所、電話番号等を入力してご利用いただけます。
  • 備考ラベル:名称を変更できます。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 備考欄内文章:備考欄内容を変更できます。表示位置はプレビュー画面③参照。
  •  

位置調整

位置調整

※X座標は横方向、Y座標は縦方向の位置が調整できます。
※プレビュー画面に反映をクリックしながら調整を行ってください。

  • 全体の位置
  • サービス提供月の位置
  • 送付先情報の位置
  • 事業所情報の位置
  • 通番の位置
  • 窓枠を表示:チェックすることで、▼クリックができ、既定のサイズまたはカスタムサイズの指定ができます。
    (カスタムサイズ)を選択した場合は、X座標、Y座標、幅、高さが調整できます。
  •  

画像設定

※プレビュー画面に反映をクリックしながら調整を行ってください。

  • 法人印
    施設内で保存している画像があれば、請求書(領収書)に反映させることができます。
    表示は、表示箇所(請求書(控)、領収書、請求書)で指定できます。

    法人印

例)法人印
画像ファイルパスの参照をクリック、保存している画像ファイルを選択して、開くをクリックします。
プレビュー画面に反映をクリックして、画像が反映されたことを確認します。
※設定したファイルパスを削除すると、画像も表示されません。
  • 画像位置
    ※X座標は横方向、Y座標は縦方向の位置が調整できます。
  • 画像サイズ
    幅、高さが調整できます。
    必要に応じて、縦横比を固定にチェックをつけます。
  •  

ちょうじゅ

回答

請求業務管理の個人請求で、請求書のレイアウトを設定します。
※本設定を行った後に個人請求処理を行うと、設定が反映されます。

操作手順

手順1:請求業務管理の設定(スパナマーク)をクリックします。

トップメニュー

手順2:「個人請求」タブをクリックします。
手順3:印刷形式、出力形式、表示形式の指定を行います。
手順4:その他、表示に関する指定を行います。
手順5:「個人請求書レイアウト設定」をクリックし、請求書の表示レイアウトを設定します。
手順6:「確定」をクリックし、設定内容を確定します。

個人請求書設定

設定のヒント

印刷形式、出力形式、表示形式

  • 印刷形式
    請求書、領収書、請求書(控え)の書式を設定します。

    請求書兼領収書(2分割)を指定:請求書兼領収書と請求書(控え)の2部に分かれる書式です。
    請求書・領収書(3分割)を指定:請求書、領収書、請求書(控え)の3部に分かれる書式で、領収書には金額のみが記載され、明細が省かれます。
    請求書・領収書(全明細)を指定:請求書、領収書、請求書(控え)の3部に分かれる書式で、全てに明細が付き、明細は2列に分かれます。
    請求書・領収書(A4版)を指定:A4用紙1枚に請求書のみ(領収書モードの場合は領収書のみ)を表示する書式です。
  •  
  • 出力形式
    請求書に出力する項目を指定します。
  •  
  • 表示形式
    請求書に出力する明細の表示形式を指定します。
  • 印刷形式、出力形式、表示形式

その他、表示に関する指定

  • 単価の表示・非表示
    単価(保険対象)、単価(自己負担)の表示・非表示を指定します。
    更に、単価×回数=合計にならない場合に、単価を表示しない指定をします。
  •  
  • 作成対象者の設定
    保険証(暫定)の利用者、保険証のない利用者も請求書作成対象とするか指定します。
  •  
  • 医療費控除の設定
    医療費控除の表示可否、適用条件を指定します。
  •  

    その他、表示に関する指定

  • 消費税の扱い
    消費税の税率、端数処理を指定します。
  •  

    消費税の税率

  • 端数処理
    総計、医療費控除の端数処理を指定します。
    小数点以下を▼をクリックすると、更に細かく設定することができます。
  •  

    端数処理

  • 端数処理(社福減免適用時)
    社福減免の一覧から選択します。
  •  

    社福減免適用時1

  • 端数処理の方法:切り捨てる、切り上げる、四捨五入する から選択します。
  •  
  • 必要に応じて、サービス費と食費居住費で軽減率が違う場合、( )に関わらず分けて端数処理する。のチェックを付けます。
  •  

    社福減免適用時2

個人請求書レイアウト設定

手順1:個人請求書レイアウト設定をクリックします。

個人請求書レイアウト設定

①から⑧までの枠に文字を入力すると、請求書に反映できます。

※ここでは、個人請求書(A4版)を例に説明します。

請求書

  • 【見出し①】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面①参照。
  • 【見出し②】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 【区 分】 :名称を入力します。表示位置はプレビュー画面③参照。
  • 【案 内】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面④参照。
  • 【案 内】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑤参照。
  • 台帳コードを表示するにチェック:宛先に台帳コードが表示されます。
  • 宛先を表示するにチェック:宛先が表示されます。
  • フリガナを表示するにチェック:利用者名にフリガナが表示されます。
  • 請求書1

  • 【備考欄】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面⑥参照。
  • 【備考欄】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑦参照。
  • 印鑑欄使用にチェック:印鑑欄が表示されます。表示位置はプレビュー画面⑧参照。
    ※印鑑欄は、印鑑欄使用にチェックをつけた場合にのみ表示されます。
  • 前月分の未収金額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • 医療費控除対象額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • ※⑥から⑧までの登録は、プレビュー画面を下へスクロールして確認します。
  • 請求書2

※↑プレビュークリックでプレビュー画面が更新されます。

領収書

①から⑧までの枠に文字を入力すると、領収書に反映できます。
※反映される位置は、請求書と同じです。

  • 【見出し①】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面①参照。
  • 【見出し②】:名称を入力します。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 【区 分】 :名称を入力します。表示位置はプレビュー画面③参照。
  • 【案 内】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面④参照。
  • 【案 内】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑤参照。
  • 台帳コードを表示するにチェック:宛先に台帳コードが表示されます。
  • 宛先を表示するにチェック:宛先が表示されます。
  • フリガナを表示するにチェック:利用者名にフリガナが表示されます。
  • 領収書1

  • 【備考欄】 :見出し名称を入力します。表示位置はプレビュー画面⑥参照。
  • 【備考欄】 :内容を入力します。表示位置はプレビュー画面⑦参照。
  • 印鑑欄使用にチェック:印鑑欄が表示されます。表示位置はプレビュー画面⑧参照。
    ※印鑑欄は、印鑑欄使用にチェックをつけた場合にのみ表示されます。
  • 前月分の未収金額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • 医療費控除対象額を表示する:必要に応じてチェックをつけます。
  • ※⑥から⑧までの登録は、プレビュー画面を下へスクロールして確認します。
  • 領収書2

※↑プレビュークリックでプレビュー画面が更新されます。

明細欄設定

  • 区分 折り返す:チェックをすると、長い区分名を折り返して表示します。
  • 項目 折り返す:チェックをすると、長い項目名を折り返して表示します。
  • 金額 ¥を表示しない:チェックをすると、金額に¥を表示しません。
  • 明細欄設定1

  • 過入額ラベル:名称を変更できます。対象額があれば、請求書下部、総額の左側に表示されます。
  • 未収額ラベル:名称を変更できます。対象額があれば、請求書下部、総額の左側に表示されます。
  • 明細欄設定2

  • 保険サービスヘッダ:名称を変更できます。請求書(領収書)明細欄と、合計行(内容)に表示されます。
  • 自費サービスヘッダ:名称を変更できます。請求書(領収書)明細欄と、合計行(内容)に表示されます。
  • ※書式がA4 版、且つ「明細行には単価でなく単位を表示する」にチェックが入っている場合のみ有効です。

    明細欄設定3

  • 必要に応じてチェックします。
  • ※↑プレビュークリックで表示を確認してください。

    明細欄設定4

事業所情報

  • 法人事業所等名称表記:表示位置はプレビュー画面①参照。
    事業所名称、住所、電話番号等を入力してご利用いただけます。
  • 備考ラベル:名称を変更できます。表示位置はプレビュー画面②参照。
  • 備考欄内文章:備考欄内容を変更できます。表示位置はプレビュー画面③参照。
  • 事業所情報

位置調整

※X座標は横方向、Y座標は縦方向の位置が調整できます。
※プレビュー画面に反映をクリックしながら調整を行ってください。

  • 全体の位置
  • サービス提供月の位置
  • 送付先情報の位置
  • 事業所情報の位置
  • 通番の位置
  • 窓枠を表示:チェックすることで、▼クリックができ、既定のサイズまたはカスタムサイズの指定ができます。
    (カスタムサイズ)を選択した場合は、X座標、Y座標、幅、高さが調整できます。
  • 位置調整

画像設定

※プレビュー画面に反映をクリックしながら調整を行ってください。

  • 法人印
    施設内で保存している画像があれば、請求書(領収書)に反映させることができます。
    表示は、表示箇所(請求書(控)、領収書、請求書)で指定できます。
    例)法人印
    画像ファイルパスの参照をクリック、保存している画像ファイルを選択して、開くをクリックします。
    プレビュー画面に反映をクリックして、画像が反映されたことを確認します。
    ※設定したファイルパスを削除すると、画像も表示されません。
  • 画像位置
    ※X座標は横方向、Y座標は縦方向の位置が調整できます。
  • 画像サイズ
    幅、高さが調整できます。
    必要に応じて、縦横比を固定にチェックをつけます。
  • 法人印

この問題は解決しましたか?

  • ×